目的別に選ぶ

腎臓病の方におすすめの食事宅配3選【タンパク質制限】

更新日:

腎臓病の方におすすめのタンパク質制限食おすすめ

腎臓病の方におすすめのタンパク質制限食事宅配ランキング

1位:ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングのコントロール食は「タンパク制限(10g)減塩食」と「塩分制限(2g以下)気配り宅配食」の2種類から選べます。

「タンパク制限(10g)減塩食」は腎臓への負担を軽くしたい方におすすめ。エネルギーをしっかり摂りながらタンパク質を抑えたメニューです。塩分とカリウムも細かくコントロールできます。
「塩分制限(2g以下)気配り宅配食」は塩分のみ制限がある方におすすめ。減塩にこだわりながらも、美味しく食べられるよう香辛料やダシを使って工夫して調理。塩や醤油などの調味料を足さなくても十分美味しくいただける宅配食です。

  • 調理方法は電子レンジで温めるだけ
  • 色とりどりの食材を使用しているから目でも美味しい
  • メニューが多彩だから飽きない
  • 管理栄養士がしっかり栄養成分を計算
  • ダシや香辛料でしっかり下味がつけてるから美味しい
  • 送料無料で試せる

 

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングは制限食のバリエーションが豊富なうえ、美味しいと評判の宅配食。実際に食べてみた私もその美味しさにびっくりしました。「食べられない」「美味しくない」そんな食事制限への辛いを無くし、楽に美味しく食事療法が続けられる宅配食です。ウェルネスダイニングではたんぱく質の量を調製したお惣菜セットのほか、低タンパクご飯も購入可能。ウェルネスダイニングの宅配食を取り入れることで面倒な食事療法がさらに楽になりますよ。

ウェルネスダイニング お試し
ウェルネスダイニングなら食事制限が美味しくラクに!【メニュー・値段など徹底調査】

続きを見る

配送エリア 全国
価格 7食セット:4,800円
14食セット:9,400円
21食セット:13,900円
送料 お試しセット:無料
都度購入:700円
定期コース:350円
お試し 可能

2位:つるかめキッチン

つるかめキッチンは糖質・塩分・たんぱく質・塩分・カロリーなど全部で6種類のなかから制限食が選べる食事宅配サービスです。

たんぱく質を制限中の人におすすめなのが「たんぱく&塩分制限 気づかい御膳」

1食あたりのたんぱく質は10g以下、塩分2.0g以下、カリウム500mg以下、カロリーも300kcal以下と、しっかりたんぱく質と塩分制限にフォーカスされています。

  • 調理は電子レンジでOK
  • 管理栄養士が栄養成分を計算しながらメニューを考案
  • 好きなメニューを選べる
  • 定期購入なら28%オフ&送料無料で続けられる

つるかめキッチン

つるかめキッチンは「制限食は味が薄くて美味しくない」そんなイメージを払拭してくれるほどの美味しさ。塩分控えめとは思えないほど、しっかりした味付けで物足りなさも感じません。1回だけの注文も可能ですが、いつでも解約できるので定期コースの利用のほうがお得。28%オフで注文できるうえ送料も無料です。

つるかめキッチン実食レポ【口コミ・評判はホント?】

続きを見る

配送エリア 全国
価格 都度購入:6,400円(7食)〜
定期:5,100円(7食)〜
送料 都度購入:700円
定期:無料
お試し 可能

3位:食宅便

食宅便ではタンパク質を制限した「たんぱくケア」の7食セットが利用可能。

ご飯を一緒に食べた場合の1食あたりのタンパク質を約13g程度、塩分2.0g、カリウム500mg、リン270mg以下に調製されています。毎日の食事で栄養価を計算して調理する手間が省けるので、食事を作る人も負担が大きく軽減されるはず。

  • タンパク質・カリウム・リン・塩分をコントロールできる
  • 糖質制限食もあり
  • 送料が安い
  • 宅急便で届くので配達日の指定可
  • 品数が5品と多い

食宅便

食宅便の宅配食は一体型のトレーに入り。電子レンジでチンしたらそのまま食卓に出せるので面倒くさがりやさんにはすごく重宝します。1食あたりの品数が5品と多いのもGOOD!「いろいろなおかずを食べたい」という方におすすめです。ちなみに、メニューは決まっていて選べませんが、8つもセットがあるので和洋中とバレエーション豊富なメニューを楽しめます。

食宅便 糖質制限
食事宅配サービス「食宅便」の味・メニュー・お試しセットの口コミ・評判は?【糖質制限】

続きを見る

配送エリア
全国
価格
7食セット:4,340円
送料
390円
お試し
可能

腎臓病を悪化させない!生活習慣病を指摘されたら食事に気をつけよう!


腎臓は機能が半分低下しても自覚症状がほとんど現れないので、知らないうちに病気が進行してしまうケースが多く、末期になってやっと気づくということも珍しくないそうです。

高血圧や糖尿病が腎臓病の原因にもなりうるので、生活習慣病を指摘された方は日頃から食事や生活習慣に気をつけましょう。

すでに腎臓病を発症してしまった場合には腎臓病を進行させないようにすることが大事。

腎臓病は遺伝性のもの以外は要因がはっきりしていないことが多く、原因を完全に取り除くことは難しいのが現状です。ただ、他の病気が原因となっている場合が多いので、生活習慣病を治すことで腎臓病の進行を食い止めることができるそうです。

糖尿病性腎症は糖尿病による高血糖が原因なので、糖尿病が改善されると腎症も改善、腎硬化症は高血圧による動脈硬化が原因なので、降圧薬や食事療法、適度な運動で血圧コントロールし、高血圧を治すことが有効です。

腎機能が低下すると過剰な塩分は尿として排泄されなくなり体内にとどまってしまいます。その結果、高血圧やむくみが生じるため、食事において塩分の制限が重要になってきます。また、機能が低下している糸球体に負担をかけないためにもタンパク質の制限も必要です。

基本は塩分とタンパク質の制限になりますが、その基準は病気の種類や腎機能などによって異なります。

病態別の基準に沿ってカロリー・塩分・タンパク質制限をしましょう

急性糸球体腎炎(急性期ではない)

タンパク質:1日体重1kgあたり1.0g程度
塩分摂取量:1日3〜5g(血圧が高くなければ1日5〜8g)

慢性糸球体腎炎

タンパク質:1日体重1kgあたり1.25g程度
塩分摂取量:1日7〜8g

腎機能が50%以下の場合

タンパク質:1日体重1kgあたり1g程度
塩分摂取量:1日5〜8g

ネフローゼ症候群

微小変化型ネフローゼ症候群以外の原因の場合

エネルギー摂取量:1日体重1kgあたり35kcal
タンパク質摂取量:1日体重1kgあたり0.8g
塩分摂取量:1日5g程度

微小変化型ネフローゼ症候群

タンパク質摂取量:1日体重1kgあたり1.0〜1.1g
塩分摂取量:0〜7g(症状による)

慢性腎不全

エネルギー摂取量:1日体重1kgあたり35kcal
タンパク質摂取量:1日体重1kgあたり0.6〜0.7g
塩分摂取量:1日4〜7g(症状による)

糖尿病性腎症

第1期

エネルギー摂取量:1日体重1kgあたり25〜30g
塩分摂取量:特になし

第2期

エネルギー摂取量:1日体重1kgあたり25〜30g
タンパク質摂取量:1日体重1kgあたり1.0〜2.0g
塩分摂取量:特になし

第3期(顕性腎症前期)

エネルギー摂取量:1日体重1kgあたり25〜30g
タンパク質摂取量:1日体重1kgあたり0.8〜1.0g

第3期(顕性腎症後期)

エネルギー摂取量:1日体重1kgあたり30〜35g
タンパク質摂取量:1日体重1kgあたり0.8g

第4期

エネルギー摂取量:1日体重1kgあたり30〜35g
タンパク質摂取量:1日体重1kgあたり0.6〜0.8g
塩分摂取量:1日5〜7g
カリウム摂取量:1日1.5g

第5期

エネルギー摂取量:標準体重を維持する量
糖質:55%、脂質:25%、タンパク質:20%

高血圧性腎障害(腎硬化症)

塩分摂取量:1日6〜8g

こちらはあくまでも基準なので、病状や症状に応じて栄養を制限していきましょう。

ただ、その際に注意しなければいけないのが摂取エネルギー量です。

腎臓病食の選び方

腎臓病の方は病気の症状に応じて、食事をするうえでのたんぱく質・カロリー・塩分・水分・カリウムなどの摂取量の指示が医師から出されているかと思います。

ただ、腎臓病の食事療法では、塩分やタンパク質の制限を厳しくするあまりエネルギー不足になりがち・・・・エネルギー不足になると、体内のタンパク質が分解されてエネルギーになり、血液中の窒素化合物が増えて逆効果になってしまいます。

それを防ぐためにも、塩分がなくても美味しく食べられるよう食事作りを工夫しましょう。

毎食計算して料理するのが難しい方には、タンパク質や食塩、エネルギーなどを制限したコントロール食の宅配弁当が便利です。しっかり栄養コントールされているうえ、解凍するだけですぐに食事が完成するので料理を作る人の負担が大きく軽減されます。そのうえ、減塩とは思えないほどしっかりした味付けなので食事をいただく本人も美味しく食事療法を続けられます。

どの食事宅配サービスもお試しセットをお取り寄せすることが可能となってます。

たんぱく質やカリウム、塩分などをコントロールした制限食がいろいろな食事宅配サービス会社から販売されていますが、それぞれ価格や味付け、品数など特徴が少しづつ異なります。

まずはお試しセットでいろいろな食事宅配サービスを比較検討してみてくださいね。

当サイトで腎臓病食として人気No.1のウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング 腎臓病食

腎臓病の食事はその人に状態によってたんぱく質やカリウムの制限に加え、塩分の制限も必要な方もいるうえ、カロリーも十分に取ることが必要だったりと腎臓病の食事療法は気をつけなければいけないことがたくさんあります。自分で徹底して食事管理をするのはなかなか難しいうえ、食事を作る人の負担にもなってしまいます。

その点、ウェルネスダイニングの腎臓病の方向けの制限食は

  • たんぱく質の制限のみの方向け「たんぱく&塩分制限気配り宅配食」
  • 塩分をさらに抑えたい方向け「塩分制限気配り宅配食」

の2種類揃っているので、手軽に美味しく腎臓病の食事療法が行えます。

ウェルネスダイニングが人気なポイント

メニューが豊富

腎臓病は進行をできるだけ遅らせることがポイント。栄養価をしっかりコントロールすることが大切なので、食事管理しやすい食事宅配はすごく便利です。ただ毎日同じようなメニューばかりでは飽きてしまって続けるのが苦痛になってしまいます。

その点、ウェルネスダイニングはメニューが豊富!毎月新しいメニューが追加されるのでずっと続けていても飽きることがありません。和食だけでなく、洋食や中華などバラエティも豊富なんですよ。

ウェルネスダイニング

なお、ウェルネスダイニングでは管理栄養士さんがその人に最適なメニューを選んでくれます。プロが食事管理してくれるので安心して利用できますよね。

制限食なのに美味しい!

制限食というと「病院食のように味が薄くて美味しくない」「固くて食べづらい」「物足りない」そんなイメージを抱いている人も多いのでは?

ウェルネスダイニングはそんなイメージも払拭してくれるこだわりの味付けが特徴です。

制限食は栄養バランスがあらかじめ計算されているため、後で塩や醤油をかけていただくことができません。なのでウェルネスダイニングでは味の染みづらい食材を下茹でして調理の際に調味料と食材を入れる順番を考えるなどそのままでも美味しくいただけるよう工夫されています。

またボリュームにも配慮しているので、物足りなさを感じることなく続けられます。

まとめて届くから受け取りがラク

宅配食には毎日届くものとまとめて届くタイプの2種類があります。ウェルネスダイニングは7食〜21食をまとめて届けてもらえるので受け取りがラクです。あらかじめ配達日時を指定できるうえ留守の場合も再配達してもらえるので、留守にしがちな方には非常に便利です。

また食事は冷凍で届くので食べたい時に食べられます。冷蔵タイプは保存がきかないため急な予定が入ってしまって食べられない場合には廃棄せざるを得なくなることも・・・

その点、ウェルネスダイニングの宅配食は1食づつ個別包装された状態で冷凍できるようになっています。賞味期限も6ヶ月〜9ヶ月と長いのも特徴です。

お得に続けるのなら定期購入がおすすめです!

ウェルネスダイニングには

  • その都度購入
  • 定期購入

の2つの購入方法から選べるようになっています。送料の負担を考えると送料割引が受けられる定期購入がおすすめです。

その都度購入 定期購入
配送エリア 全国 全国
配送方法 クール冷凍便 クール冷凍便
送料 700円 350円
栄養相談 - 可(無料)

その都度購入だと送料が毎回700円掛かりますが、定期購入は半額の350円で済みます。さらに送料をお得にしたい場合には14食、21食分とまとめ買いするのがおすすめです。

なお、定期購入には継続の縛りは一切ないのでいつでもお休みが可能です。続けられるか不安、という方も安心して利用してみてくださいね。コース変更も可能です。

ウェルネスダイニングを手軽に試せます

なお、「いきなり定期購入は不安」「とりあえずちょっとだけ試してみたい」そんな方にはお試しセットがおすすめです。

ウェルネスダイニングではすべてのコースが送料無料で試せます。

  • たんぱく&塩分制限気配り宅配食
    7食セット4,800円 / 14食セット9,400円 / 21食セット13,900円
  • 塩分制限気配り宅配食
    7食セット4,500円 / 14食セット8,800円 / 21食セット13,000円

ウェルネスダイニングの宅配食は電子レンジで温めるだけで食事が完成するので手軽に食事療法が続けられます。栄養バランスもしっかり計算されているので作る人の負担も軽減されると思いますよ。ぜひ試してみてくださいね。

-目的別に選ぶ

Copyright© 宅配弁当ランキング!食材宅配・料理キット ランキング , 2019 All Rights Reserved.